目を大きくするには毒素を出すマッサージが効果的

日本人は欧米人と比べると目が小さく、顔の大きさも相まってコンプレックスに感じている人も少なくありません。
しかし、大きさはマッサージだけで簡単に変えることが出来ます。



目の周りにも身体の他の部分と同様に「毒素」が溜まります。
その毒素を出してしまえば、印象がすっきりとして以前よりも大きくなるのです。大きくする方法は非常に簡単で、温めた手の平に専用のオイルやクリームを「多すぎかな?」と思う位たっぷりめにつけて、馴染ませます。

そしてオイルやクリームを馴染ませた手で、目の周りを優しく丁寧にマッサージするのです。

Girls Channelの情報がいっぱい詰まったサイトです。

この時、決して強くこすったり押したりしてはいけません。顔の皮膚は非常にデリケートに出来ているので、強くこすったり押したりしてしまうとシワの原因になってしまいます。



マッサージの手順としては、まず人差し指の第二関節をほぼ90度に曲げ、親指はまっすぐ立てた状態を手で作ります。

立てた親指の先をこめかみにあてたまま、曲げた人差し指の第二関節を使って目頭から目尻に向かって優しく丁寧に上の瞼をマッサージします。

下の瞼も上と同じように行い、これを5回ずつ行います。

それが終わったら、今度は眉部分も同じような方法で5回行います。


最後に眼球部分を手の平を優しく覆い、軽く押さえたら終わりです。


こんな手軽で簡単なマッサージを行うだけで大きく変わっていくのですから、やって損はありません。
特別な道具も必要ありませんから、誰でもやりたい時にすぐ行うことが出来ます。