豊胸手術にはどんな種類があるか

小さなバストで悩む女性達が最後の手段として選ぶのが美容クリニックで受けられる最後の手段です。

豊胸手術にはどんな種類があるのかというと、大きく分けると三つの方法があります。まず一つ目は豊胸手術の代名詞とも呼べるシリコンバッグ注入法です。
近頃は素材の種類が豊富で手触りの良さや注入した後のバストがより自然な動きをするように研究が重ねられているため、豊胸手術を受けたかどうか分からないほどのクオリティを得ることが出来るでしょう。

シリコンバッグは大きさの調整がしやすいため、自分が希望するバストサイズになりやすいというメリットもあります。

二つ目の方法は脂肪注入法です。


太ももやお尻、お腹など、自分の身体で余っている脂肪があればその部位から脂肪を注入し、不純物などを取り除いてからバスト部分に注入します。



脂肪なので手触りが自然なのが魅力的です。

三つ目の方法は脂肪注入法に似ているヒアルロン酸注入法です。



潤い成分としても有名なヒアルロン酸をバストに注入する事でバストを大きくします。



脂肪注入法もヒアルロン酸注入法も、手術後に脂肪やヒアルロン酸が体内に吸収される傾向があるため、徐々にバストサイズが減少してしまうことがあります。


そのような場合は再度治療を繰り返すことでバストサイズを維持することが可能です。

シリコンバッグの場合は一度注入すれば半永久的にサイズを維持する事は出来ますが、加齢による肌のたるみやシリコンバッグの破損などが起こった場合にはメンテナンスを受ける必要が生じるため、日ごろからバストの状態を気にかけるのが大切です。