豊胸手術の種類について

豊胸手術は脂肪注入・シリコンパック・ヒアルロン酸の3つのやり方があります。


脂肪注入とは自分の脂肪細胞を胸に移植するというやり方です。
自分の細胞を使用しなければならないため余っている脂肪がないともちろんできませんが、いらない脂肪があればそれを取り去ることができ逆に胸を大きくすることができるという女性にとってうれしい方法なのです。見た目や触感も自然です。シリコンパックによる豊胸はボリュームだしが一番優れています。
自分の望む大きさにすることができ、また取り出すことも可能なのです。ただ術後の痛みが強かったり、パックのフチが触れることもあるというデメリットもあります。

動きも少し不自然だったりします。

ヒアルロン酸豊胸の場合、体への負担は小さくてすみます。

注入の量を自由に設定できるので望む大きさに胸を作ることができます。



必要なときには溶解することもできます。

ただ若干硬さはあります。

豊胸手術は不自然さを嫌って脂肪注入を希望する方が多いです。
シリコンパックを行なったものの不自然さが気になり脂肪注入に入れ替える場合もあります。



自分自身の脂肪を使うためレントゲンにも映りませんし最も自然です。

胸のサイズは左右で差があります。

その差が気になって直したいという場合は脂肪注入やヒアルロン酸なら細かく調整できるので向いています。

手軽さを望むのであればヒアルロン酸がおすすめです。

何を望むのかで手術方法は変わってきます。