目を大きくするマッサージ

つぶらな瞳は、顔の印象を決定づける重要な要素です。
けれども、寝不足や、スマホやパソコンの長時間使用による疲れなどから、まぶたの周りは、腫れぼったくなりがちです。



顔の血行とリンパ液の流れを良くし、まぶたのむくみを取って、ぱっちりした瞳になれるよう、目を大きくするマッサージについて、見て行きましょう。
まず、韓国発祥の骨マッサージと言って、目の下の骨を指圧する方法があります。

眼窩のくぼみの骨に、親指と小指以外の三本の指の腹を当て、真下に向って、グッ、グッ、と圧を加えます。


眼窩のまわりの皮膚がたるむと、瞳も小さく見えてしまいますが、朝のメイクの前などにこの骨マッサージを行うと、むくみを取って、目を大きく見せるのに効果的です。
また、目頭の鼻よりのちょっとくぼんでいる辺りにある晴明というツボを、親指の腹でギューッと押すマッサージも効果的です。親指を下に向け、残りの指を広げて、手全体で頭を包み込むような形で行うと、ツボが押しやすいです。
眼窩の上の骨、つまり眉毛の下側には、攅竹や魚腰など、ツボが点在していますので、親指と小指以外の三本の指の腹で圧を加えたり、丸めた人差し指で骨を押しながら眉毛全体を撫でるようするのも、効果的です。

goo ニュースの情報を利用しない手はないです。

最近は、家庭で手軽にエステティシャンのテクニックが味わえる美容家電もありますので、それらを取り入れると、効率良く、目を大きくするマッサージが施せます。



習慣づけて、ぱっちりまぶたを作りましょう。